Cookie Settings

電流コイル

 

サーキットブレーカとは、特定の電気条件が満たされると、回路を自動的に開く電気スイッチです。 一般に、サーキットブレーカは、検出装置を流れる電流があらかじめ決められた電流定格を超えたときに開きます(切ります)。 アンペア単位で測定される電流は、導電体内の電子の流れです。 Carling Technologiesでは、流体電磁式サーキットブレーカを製造しています。使用する電流検出装置は電磁ソレノイド、またはコイルです。

Carlingのサーキットブレーカの電流コイル定格は、ブレーカが切れずに一度に流す最大の電流(アンペア)です。 Carlingのサーキットブレーカは、この電流定格の100%でトリップしません。電流定格の125%~135%でトリップすることが保証されています(トリップ遮断特性の選択によって異なります)。電流定格の101%~134%でトリップすることもできます。 磁気サーキットブレーカがトリップする条件の詳細については、[回路保護]の[詳細 - トリップ遮断特性]ページを参照してください。

温度安定性

Carling Technologiesのサーキットブレーカは流体電磁式サーキットブレーカであるため、精密構造は温度安定性であり、動作環境の温度の変化による悪影響は受けません。 周囲温度にかかわらず同じ電流でトリップするため、-40°C~+85°Cの温度でも一貫したトリップ点動作を実現します。この安定性により、温度変化によるディレーティングの考慮は通常必要なく、熱誘発トリッピングが回避されます。

流体電磁式構造はまた、一般に、電流定格、突入電流耐性、およびトリップ遮断特性を個別に指定できるため、用途が柔軟性に富みます。

許容できる電流定格

Carling Technologiesの回路保護製品ラインアップでは、0.01~25アンペア(Mシリーズ、Qシリーズ)、~50アンペア(Aシリーズ、Bシリーズ、Dシリーズ)、~100アンペア(C-Series、Eシリーズ)、~700アンペア(Fシリーズ)(最大)まで、幅広いコイル定格を取り揃えています。

選択のガイドライン

電流コイル定格は、電気負荷要件を表します。用途に適した電流コイル定格を判断するには、次の一般的なガイドラインが役に立つでしょう。

  1. ブレーカを使用する環境の通常の(安定した)動作電流は何ですか。
  2. サージに誘発される問題のトリッピングを起こさないようにするための「安全係数」は何ですか(下のリストを使用してください)。 通常の安全係数:
    • 1.20、抵抗負荷
    • 1.75、誘導負荷および変圧器負荷
    • 1.5、線形電源回路
    • 2.0、電圧切替可能電源回路
    • .75、単相誘導電動機
    • 1.25、その他のモーター
  3. 最終電流定格 = 通常の動作電流 X 安全係数となります。
  4. コストを最小化するために、ご関心のある特定のシリーズのカタログに表示される、2番目に高い標準電流定格を選択することをお勧めします。 ただし必要な場合は、許容される非標準定格について、Carling Technologies販売代理店までお問い合わせください。

V電圧トリップ定格

Carling Technologiesは、また、ACおよびDCの電圧トリップ定格を、Aシリーズ、Bシリーズ、Cシリーズ、およびDシリーズのブレーカで提供しています。電圧トリップサーキットブレーカは、指定されたボルト数でトリップするように工場で較正されており、連続使用に対する定格が評価されていません。 通常、電圧トリップ定格は、1つまたは複数のソースから入力された低電流で主電力接点を開く必要がある、"ダンプ回路"または"パニックトリップ回路"の用途に使用されます。 提供される特定の電圧トリップ定格については、Carling Technologiesのオンラインの最適な部品番号設定ツールであるCONFIGURIT®を使用してください。または、Carling Technologies販売代理店までお問い合わせください。

多極ブレーカ

各極が電気的に絶縁された多極ブレーカも利用できます。 このような多極構造は、各極に異なる電流コイル定格を割り当てることができます。 これは、異種電極構造と呼ばれます。 異種電極構造の詳細については、[回路保護]の[詳細 - 極]ページを参照してください。

異種多極ブレーカについて、Carlingでは、標準カタログ注文スキームの協定の範囲外の特別なカタログ番号を割り当てています。 ただし、オンラインのConfiguritを使用すると、最適な異種電極構造を設定できます。

二重コイル

Carling Technologiesでは、通常1つのコイルがある位置に2つのコイルが備えられている、二重コイル構造のサーキットブレーカも提供しています。 電気的に独立している2つのコイルを共通の磁気回路で組み合わせることにより、過電流またはトリップ電圧のいずれかがそれぞれのコイルに流れたときに、接点を開くことができます。 1つのコイルは、標準回路定格仕様に基づくトリップコイル動作となります。2番目のコイルは、リモートシャットダウン機能を提供するために使用できます。二重コイル回路の機能の詳細については、[詳細 - 回路]を参照するか、Carling Technologies販売代理店までお問い合わせください。