Cookie Settings

照光

 

Carling Technologiesでは、広範な照光式スイッチおよび非照光式スイッチを取り揃えています。 スイッチシリーズ内の照光オプションには、レンズやランプの色、ランプの回路構成、照光タイプの選択肢が含まれます。照光タイプには、ネオン、白熱ランプ、LEDがあります。

照光式回路の構成

スイッチシリーズに応じて、Carling Technologiesの照光式スイッチには、従属ランプ回路、独立ランプ回路、および従属ランプ回路と独立ランプ回路の組み合わせがあります。従属ランプ回路では、ランプはスイッチが制御している同じ回路により電力が供給されます。スイッチがアクティブなときにランプがオンになります。 独立ランプ回路では、ランプはスイッチ動作が制御していない電圧源によって電力が供給されます。

組み合わせ回路には1つの従属ランプと1つの独立ランプが含まれている場合があります。 このような場合には、電源により独立ランプがオンになる一方で、スイッチがアクティブのときに従属ランプがオンになります。 輸送業界で一般的に使用されるこの種の回路の通常の用途は、車両のダッシュボードです。 独立ランプはダッシュボードの各スイッチ上の個々のアイコンまたは説明を照らし、スイッチの2番目のランプはONの位置になったときにオンになります。

特定のスイッチシリーズに使用可能な照光式回路の構成は、このWebサイトの製品シリーズページにあるダウンロード可能なPDFファイルに含まれています。

ネオンランプ

ネオンランプは、密封されたガラス製電球内の低密度気体を使用します。電球内の小さな2つの電極を経由して、十分な高電圧が不活性のネオン気体をイオン化し、伝導力を与えます。イオン化された気体のイオンは低電圧により維持され、ランプに電流を流し続けます。 光は励磁されたネオンのイオンからもたらされます。ネオンランプの安定性は外部抵抗器により維持され、ランプに流れる電流量(.002アンペア)を制御するため、負抵抗を持つイオン化された気体が自己破壊することはありません。 ネオンランプは、最適な視野角を実現するために、通常はスイッチ内で横に配置されます。

ネオンランプは通常は、壁電流を利用した電源スイッチなどの、高電圧の125~250 ACの用途に使用されます。 ネオンライトの色は、カラースペクトラムの琥珀色または赤寄りであるため、コストの高い特殊な緑のネオン電球を使用しない限り、緑または青のレンズでの使用には推奨されません。 一般的な電球の寿命は25,000時間です。

白熱ランプ

白熱ランプは真空密封された電球内のタングステンフィラメントを利用し、電流によって白熱に熱されたときに光を発生させます。 白熱ランプは48ボルト(ACまたはDC)までの用途に使用できます。 白熱ランプはネオンランプやLEDランプに必要とされるバラスト抵抗を使用しません。代わりに、個々の電球は指定電圧に対応するように設計されています。

白熱ランプの電流は、使用される電圧によって異なります。

  • 電圧 電流
  • 3V 350ミリアンペア
  • 6V 200ミリアンペア
  • 12V 80ミリアンペア
  • 24V 40ミリアンペア
  • 48V 20ミリアンペア

白熱ランプは青や緑を含む、全範囲のレンズ色に対応できます。 白熱ランプは彩度が二乗平均燭光(MSCP)で測定される分散ビームの輝度をもたらします。 これらは以前は最も明るいランプと見なされていましたが、現在のLED技術は白熱の輝度に匹敵できるようになりました。

一般的な白熱電球の寿命は電圧に応じて10,000~25,000時間です。電球の寿命は衝撃や振動、電圧の揺れ、および温度の上昇によっても影響を受けます。 またDCノッチングの影響も受けます。この現象は、1方向の電流の流れによりフィラメント上にノッチを発生させるものです。 これによりフィラメントの断面が削減されるため、フィラメントが弱体化し、最終的には機能しなくなります。

LED's

LED(発光ダイオード)は、DCダイオードチップおよびプラスチックとエポキシ樹脂で覆われた接続で構成されています。 衝撃や振動から保護するこの覆いは、LEDが輸送業界における最適な照光と見なされる多くの理由の1つとなっています。

100,000時間を超えるLEDランプの寿命は白熱ランプの10倍の長さを誇ります。 白熱ランプとは異なり、熱の上昇はLEDのサイクル寿命には影響しません。白熱ランプが周囲温度より51度も上昇するのに対し、LEDはわずか6度しか上昇しません。 LEDには壊れやすいフィラメントがないため、破損やDCノッチングの心配もありません。

LEDは、白熱ランプの光輝度にも匹敵する収束ビーム輝度(ミリカンデラ単位で測定)をもたらします。LEDには広範な色と輝度が用意されています。 青や白などの特定の色は静電気の影響を非常に受けやすいため、取り扱いと組み立てには注意が必要です。 Carling Technologiesでは、この種の照光式スイッチの組み立てに、特別なESD(静電気放電)製造ラインを採用しています。

照光色

全種類の照光式スイッチにはさまざまな色が用意されています。 シリーズやランプの種類に応じて、照光色はランプまたはレンズ、あるいはその両方によって実現されます。 標準の照光色には、琥珀色、赤、緑、青、白、および透明があります。 特殊なランプまたはレンズの色が必要な場合は、Carling Technologies販売代理店にお問い合わせください。