OctoPlex™交流電力モニタ

OctoPlex A1770-CE交流電力モニタを使用すると、造船業者は最高4つの単一位相交流入力または1つのパッケージ内の単一の三相入力の電圧、電流、および周波数を監視できます。これらは実質的に船舶内のあらゆる場所に取り付けることができます。

交流電力モニタは、16ビットのマイクロプロセッサとインターフェイスを取る4つの個別の信号処理回路を利用します。 処理されたデータは二重CANバスインターフェイスを介してフラットパネルに転送されます。ユーザーはここで情報を確認できます。

交流電力モニタのカバーからは、3つのLEDが表示されます。左側と右側のLEDは、プライマリ接続とセカンダリ接続が存在していることを示します。中央のLEDは、交流電力モニタが入力コネクタから電力を受け取っているかどうかを示します。

タッチスクリーンの標準の交流電力モニタページには、4つの全入力ラインのAC電圧(RMS)、電流、および周波数が表示されます。 ユニットの内部温度も表示されます。 1つ以上の入力が使用されていない場合、表示される値はゼロになります。

交流電力モニタのエンクロージャはダイカストアルミニウム製で、耐久性のある白化粧仕上げが施されており、どのような環境からも長期にわたる保護を提供します。

詳細は、「OctoPlex Installation & Operation Guide」をダウンロードしてください。