流体電磁式サーキットブレーカ

流体電磁式サーキットブレーカは、様々な設計の問題に対して、高精度、高い信頼性、そして費用効率が高いソリューションを提供します。これらのサーキットブレーカは温度変化に対し安定しているため、周囲温度の変化によって大きな影響を受けることがありません。 その過電流感知機構は、保護している回路の電流の変化にのみ反応します。 Carlingでは、.02~700アンペアの範囲の広範な流体電磁式サーキットブレーカを用意しており、UL、CSA、VDE、TUV、UL489、UL489A、UL1500の各認証を受けています。 HシリーズブレーカやGシリーズDINレール取り付け型ブレーカ含むこれらのサーキットブレーカにはスペーシングに関するIECの規格を満たしています。またコンパクトなCXシリーズブレーカは、高電流および直流高電圧の用途に向けに設計されています。

Hydraulic Magnetic Circuit Protection Catalog